産業情報調査会 > 事業案内 > 太陽誘電は車載用パワーインダクタを量産開始!!
コイルトランス
2018/05/08

太陽誘電は車載用パワーインダクタを量産開始!!

事業案内

太陽誘電はAEC-Q200に準拠したSMDパワーインダクタ「EST0645」の量産を開始した。
同製品は、サイズ6.3x6.1x4.5mmで、自動車のDC-DC コンバータのチョークコイルやフィルタ用に使われる。同社の材料技術や構造設計を高度化し、従来品「EST1060]の 150 ℃の高温対応や30G の耐振動性をそのままに、6mm 角に小型化を実現。2018 年 4 月からサンプル出荷を開始、福島太陽誘電での量産が予定されている。サンプル価格は80円/個。近年、自動車はADASに代表される電子制御化が進み、それにより電源回路が増加している。これらの電源回路に使用されるパワーインダクタの需要も増加しており、特にECUを高温のエンジンルームへ設置することが増えており、搭載される電子部品には高温対応かつ振動に強いものが求められている。