産業情報調査会 > 事業案内 > ㈱村田製作所は高速差動インターフェース「USB3.0/3.1」用コモンモードノイズフィルタを商品化
電子部品
2017/08/21

㈱村田製作所は高速差動インターフェース「USB3.0/3.1」用コモンモードノイズフィルタを商品化

事業案内

 ㈱村田製作所は、高速差動インターフェース「USB3.0/3.1」用コモンモードノイズフィルタ「NFP0QHBシリーズ」を商品化した。8月より量産を開始。近年、モバイル機器では、高解像度での撮影動画やストリーミングデータをモバイル機器からPCやTVへ伝送するニーズが高まっており、高速差動インターフェースUSB3.0(5Gbps)/3.1(10Gbps)の導入が進んでいる。このUSB3.0/3.1のノイズ対策用コモンモードノイズフィルタには、カットオフ周波数が高い製品が求められており、これに対応したカットオフ周波数8.5GHz以上で0605サイズの「NFP0QHB242/372/542HS2」が商品化された。